七つの習慣

主体的である

    想像、良心、意思、自覚

終わりを思い描くことから始める

    (1)どのような人間になりたいのか(人格)

   (2)何をしたいのか(貢献・功績)

   (3)それらの土台となる価値観と原則を書く。

最優先事項を優先する

    重要度が高く、緊急度が低い

   重要事項に「イエス」と言うためには、

   他の用事がいかに緊急に見えても、「ノー」と言うこと

Win-Winを考える

まず理解に徹し、そして理解される

シナジーを創り出す

刃を研ぐ

続く…