次の手順を参考に、適切な AppExchange 戦略を考案します。

  1. Salesforce を使用する部門または使用予定の部門を特定します。こうした部門の人々が主たる関係者になります。
  2. AppExchange で入手可能な製品のうち、関係者の要望を最大限に満たすものはどれかを調査します。部門の責任者とビジネスケースについて話し合い、的確なニーズを見極めます。以下にいくつかの適切な質問を示します。
    1. どのようなビジネスの問題を解決しようとしていますか?
    2. 現在最も苦労している点は何ですか?
    3. 何人のユーザがこのアプリケーションを必要としていますか?
    4. 予算はどのくらいですか?
    5. 期限はどのくらいですか?
  3. こうした質問をすることで、各部門やビジネスケースに最適なアプリケーションを見つけやすくなります。
  4. ニーズに応じたアプリケーションが見つかったら、そのアプリケーションをテスト環境 (無償の Developer Edition や Sandbox など) にダウンロードします。このアプリケーションをインストールすることで、他のインストール済みのアプリケーションや実行済みのカスタマイズに支障が出ないことを確認します。

メモ

  1. Sandbox は、各自の組織を別の環境にコピーしたもので、開発やテストに使用します。「Sandbox の概要」を参照してください。
  2. 複数のアプリケーションの中から選ぶ場合は、テストした内容をじっくり検討します。使用できない機能や不要な機能がないか判断します。必要に応じて、関係者にアプリケーションのデモやフィードバックを依頼します。
  3. 準備が整ったら、アプリケーションを本番環境にインストールしてリリースします。変更内容をユーザに遅滞なく伝え、必要に応じてトレーニングやドキュメントを提供します。

appExchange で検索を始めるときは、必ず Salesforce Labs が提供する無償のアプリケーションも確認してください。Salesforce Labs のアプリケーションの利点は、無償であることに加え、オープンソースであることです。必要に応じてカスタマイズ可能で、その仕組みを自分の眼で確認することができます。これは、プラットフォームがどのように機能するかについての知識を深める効果的な方法です。