HTML5宣言が無効となってしまう一例

現代ブラウザには、基本的にHTML画面がHTML5の標準使用をお勧めます。
HTML5ではない場合、予想外の画面が表示される可能性があります。

HTML5ページの宣言方法:
HTMLファイルの第一行目 <!doctype html>

※ 大文字/小文字と関係ない

下記の一例は、HTML5を宣言しても、実は無効となってしまいます。
<html>
    <head>
        <style>XXXXX</style>
        <meta>

標準HTML5ファイルとして、<head>タグと<meta>タグの間に、何もないべきです。上記例のCSS定義を削除や移動すれば、問題解消できると思います。

※PHPなどの動的なコーディングで、HTMLファイルを動的に生成する時には、よく注意ください。

つまり、HTML5の宣言は重要です。宣言しないと、潜在バグが多いかもしれません。