Salesforce コミュニティリリース注意点

1 コミュニティ名作成した後、英語名に変更する。 ⇒ 現時点では問題ないです。
※現状の不具合です。
参照: https://success.salesforce.com/issues_view?id=a1p3A0000019QdwQAE&title=deploying-change-set-containing-community-fails-with-error-an-unknown-exception-has-occurred
2 レコードページの名前は 自動生成ではなく、正しくかぶらないAPI名で作成すること。
本番でも同じ名前のものがある場合、上書きとなります。
3 コミュニティのリリースについて、リリースセットでリリースする場合、「ネットワーク」を選択する。
・事前にコミュニティを作成し、有効化する。(連動関係を参照/追加)も全て追加するべき。
参照: https://help.salesforce.com/articleView?id=networks_migrate_changesets.htm&type=5
———————————-全体の流れ———————————-

★0: サイト名を日本語ではなく英語名にする!!!!
  日本語名にしたい場合、リリース後に変更することでよいです。
1 開発環境にて、テスト完了。
2 fullsandboxへリリースし、受け入れを行う。(顧客側)
3 移行管理簿を参照ながら、fullsandboxにて、送信セットを事前作成、検証まで準備する。
4 本番環境にて作業を行う。
① 「コミュニティ」を有効化する。
② コミュニティを新規作成(同じテンプレートで、コミュニティの名前を変更する。
③ コミュニティの名前を「XXX」(英語名)に変更する。
確認用SOQL:SELECT Id, MasterLabel, Name, SiteType FROM Site
④ モバイルを有効にする。
➄ コミュニティのユーザロールを3に変更。
⑥ 共有設定 外部アクセスを「非公開」に設定する。
その他設定
・フロー→ビルダーの順に有効化。
・プロファイルの設定を項目毎に確認。
特に、項目レベルセキュリティ、カスタムタブ、レコーダタイプ、オブジェク権限
・オブジェクトごとのページレイアウトの割り当ての個別確認。
・入力規則のProfileIDの確認。
・代理管理者の設定する。
・その他個別の設定依頼。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★本番にもある管理者ユーザでリリースすると、無難です。

★組織のインスタンスのAPIバージョンを一致すること確認!!
組織情報からインスタンスIDを確認し、以下をAPIの更新スケジュールを確認する
  https://status.salesforce.com/

★sandboxの作成タイミング要注意!!

短期間の案件の場合、本番のバージョン更新した後に、sandboxをコピーし、開発し、リリースするのは無難です。そうではない場合、apiのバージョン違いでエラーが出る場合があります。
★送信セット自動関連でも追加されないコンポーネント

 ・パス

 ・共有セット

■エラー:

種別: Site.com
エラーメッセージ:

Cannot find a user that matches any of the following usernames: test@test.com.sandbox1,test@test.com,xxx remove the user from the component being deployed or create a matching user in the destination organization.

■解決方法: 以下二つのところを設定をチェックし、変更する。

① 設定⇒サイト⇒対象サイトをクリックする⇒「サイトの管理者」をリリース対象環境にあるユーザに変更する。

➁ ゲストユーザによって作成されたレコードのデフォルトの所有者として登録したユーザ。

PS: レポートやダッシュボードにも似てるようなエラーがある場合、
  レコード、ダッシュボードのフォルダの共有先を確認すること。